障がいの兄のデイ通い・・・

をどうするか。

と考えている。

五十の誕生日を迎えて一週間後に、事故で頚椎損傷。

一級障がいになってしまった。

仕事を失い。

社会とのつながりも薄い。

もともと、人付き合いが得意ではなかったし・・・

母と二人家にこもっているのもどうかと。

買い物に出かける。

公園に散歩する。

しかし、一日誰とも話さない日がある。

母以外。

そこで、近所の若い男性管理者のデイにお願いすることにした。

兄と二人で見学に。

役所にも区分の申請をした。

行けたらいいねえ。

なにしろ、最近家族で居ても社会とのつながりが薄くとんでもないことになってしまう事件が多いから。

心配です。

この記事へのコメント

ふくママ
2012年03月27日 11:08
私の周りにもそういう人がいて
(事故ではないですが、
自閉症ぽく
コミュニケーションをとるのが難しい人です)
せっせとあるサークル活動に通わせてます。

その人はそれが得意でして、
周りの人も最近その人の気質を理解してくれて、
やっぱり人の中にいることで
その人にも変化が見られました。

ここまで数年かかってますが…
人は人の中で生きていくということが
非常に大事だと思っています。

いつもブログ読んでいますよ
ばくちゃん
2012年03月28日 17:10
ふくママさん、ありがとう。(=^0^=)
人生色々ありますよ。
とりあえず愚痴もいいつつ、前向きに。
終わったことや、過ぎたこととか時間は戻らないし、今まで当たり前と思っていたことが、当たり前をありがたいと思える人間になりたいと震災の後で高校生が言ってたそうです。
確かにね。

この記事へのトラックバック