介護保険・・・本当に困った人には

冷たい制度なのかもしれん。

国は、在宅に戻そうとしゆうけんど在宅に戻っても介護の担い手は誰?

結局、家族が負担になるばかり。

経済的に、不自由な方は介護保険の一割負担すら重荷になる可能性も。

自主事業で、緊急ショートを受けているけれど補助等などないき。結局人件費ぎりぎりのとこで設定しゆう。

本当は、安く請け負うてやりたいけんど。

急に、用事ができた時に介護者は要介護者をほおっていけんやろう。

介護認定を受けている方は、介護保険のショートスティを受けれるかもしれん。

けんど、それすら予約や手続き必要ですよ。

そりゃあ、なんかあったら困る。

けんど、困っている人が目の前におるわけやんか。

けんど、お金のない人は断念するしかない。

自分がなんとかすると考えるわけ。

なんだかなあ・・・・・


悲しいよ。

請け負う私も、ごめんなさいと思ってしまう。

介護保険の本当の意味ってなんやろう・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック