宅老所・デイサービス朱夏

アクセスカウンタ

zoom RSS シェアハウスハイツひまわりでの看取り・・・@

<<   作成日時 : 2011/10/22 08:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ハイツひまわりは、なぜ始めたか?

自分がずっとやりたかったグループホーム。

だけど、介護保険のグループホームでは自分の思いとすれ違うことがあって。

遠い母方の親類のおじがきっかけ。

本当に夫婦中の良いだけど、がんこで・・・いごっそうのような人。

認知症が始まって、だけど自分が奥さんの面倒を見なくてはと必死で暮らしていた。

長い人生の中で、本当にたくさんの喜び、悲しみあっただろう・・・・

奥さんが倒れて、いつかきっと夫婦二人で暮らしていけたらとずっと思いを秘めていたのです。

私たちには、その心の奥底を見せてくれたけれど、子どもたちには言えなかったようで。

夫婦共に、介護があって暮らしていける場所があったらと。

その思いがハイツひまわりの誕生でした。北海道のなんもさ長屋のようなシェアハウスを立ち上げたいと言う思いと共に。

残念ながら、奥様とは一緒に暮すことが出来なかったけれど、おじは毎週日曜に息子さんと奥様の病院に。

おじ自身も、入退院を繰り返し決して体調が良いわけでもなかった。

ハイツひまわりに入居してから、デイサービス朱夏に通い寡黙だけれど、同じ年代の方と思い出をたくさん作りました。

職員の協力で筍掘り、いのの大黒さんへのお参り。花フェスタ。将棋や囲碁・・・・

そうめん流し、スイカ割り。生まれ故郷へのドライブ、墓参り。

楽しい事が大好きで、卓球やわたがし作りにキラキラと目を輝かせていました。

そのおじが、とうとう・・・・

食事を取らない、水分を受け付けない。

往診の先生方と家族と話し合いそしてハイツひまわりの職員の協力の下・・・・・

看取りがスタートしました。

自分らしい最後を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シェアハウスハイツひまわりでの看取り・・・@ 宅老所・デイサービス朱夏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる